犬の歯と口腔のトラブル

【犬の口内炎】症状や原因、治療や予防方法

人間でもお馴染みの口内炎。犬も口内炎ができます。口内炎とは口の中にできる炎症の総称をさす言葉であり、口腔内にできる部分的なトラブルもあれば全身性の病気が原因で口内炎になっているケースもあります。

犬の口内炎はどんな症状?

犬が口内炎にかかるとまず人間と同じように口の中で痛みを伴う為、食欲が低下。ご飯を食べる事が億劫になっていきます。その他、大量のよだれを出す。口臭がキツくなるなどのケースも存在。

確認方法としては犬の口を開けて口中の粘膜に赤い発疹、白い水疱などがあれば口内炎が疑わしいと言えます。炎症のあらわれ方は様々ありますので心配な場合は動物病院を受診して判断をしましょう。

犬の口内炎ができる原因

犬の口内炎ができる原因は細菌感染やカビ。その他、異物を噛んだ時の刺激で口内炎ができるケースがあります。歯周病の細菌が口内炎となる原因も考えられます。

全身性の病気で口内炎が現れる場合はレプスピラ症、感染症、糖尿病や腎臓の病気などが疑わしいとされています。またビタミンが欠乏する事で口内炎にかかるケースもあります。

犬の口内炎の治療方法は?

全身性の病気や歯周病が原因で口内炎ができているケースではかかっている病気を治す事が口内炎を改善する為に必要です。まずは何が原因なのかを突き止めて適切な処理をしていきましょう。

歯周病や全身性の病気が原因でない場合はヨード系の消毒薬で口内を清潔にして口腔用の抗炎症薬など用いて治療をしていきます。

犬の口内炎の予防方法

犬の口内炎は様々な原因が考えられます。日頃の口内炎予防としては、歯垢や歯石を付着させない事。口腔内を清潔に維持する事が大切です。

歯垢や歯石は歯周病の原因になるだけでなく、歯垢や歯石が溜まった状態が続き、口内の粘膜に接触していると口内炎を引き起こすケースもあると言われています。

歯やお口のトラブル以外で起こる口内炎については動物病院で原因を特定して症状に合った適切な治療や予防を行っていく事が大切となります。