犬の歯と口腔のトラブル

【犬の口唇炎】症状や原因、治療や予防方法

唇の炎症で下唇が垂れ下がっている犬種で高齢になるほど炎症が起こりやすくなると言われています。

犬の口唇炎はどんな症状?

ジャーマン・シェパード・ドッグによく見られる口腔トラブルだと言われており、唇の角が乾燥して、ひび割れた状態になります。また下唇が垂れた犬種ではひだの部分が赤く炎症して、口臭をキツくなる症状が見られます。

また口唇炎にかかると唇を引っ掻く仕草をする犬も多いと言われています。

犬の口唇炎ができる原因

異物の刺激やアレルギーによって症状が起こるケースがあります。また毛根の化膿などが原因の場合も存在。下唇のひだが炎症している場合は細菌や真菌の繁殖が原因と考えられる事もあります。

犬の口唇炎の治療方法は?

細菌感染による場合は患部に抗生物質を処方して症状の軽減や様子を見ていきます。その他、抗菌作用の石鹸で患部を洗ったり、抗炎症薬を患部に塗布するケースも存在します。

唇がひび割れている場合はかさぶた等を柔らかくするクリームを塗って症状の軽減を図っていきます。

潰瘍性歯周口内炎から口唇炎に生じるケースでは潰瘍性歯周口内炎の原因でもある歯垢や歯石を取り除いていきます。それでも口唇炎が治らない場合は唇に接触する歯を抜歯していくケースも存在します。

犬の口唇炎の予防方法

飼い主側でできる口唇炎の予防策としてはやはり毎日のデンタルケアになります。細菌感染などによって口唇炎にかかるケースもあるので口腔内を常に清潔に保つ事が大切。

歯磨きやブラッシングによって歯に付着している歯垢や歯石を取り除いていきましょう。

歯磨きを嫌がるワンちゃんの場合はデンタルケア用サプリメントなどを用いてお手入れするのも一つの手段。また歯磨きをしているけど不安な場合は定期的に動物病院で健康診断や口腔チェックをしてトラブルがないか診断をしてもらいましょう。