犬の歯と口腔のトラブル

【犬の虫歯】症状や原因、治療や予防方法

犬の虫歯

犬は虫歯が出来にくい…少ないと言われていますが高齢犬になる程、虫歯になりやすい事がわかってきています。発見が遅れ、虫歯症状が進行していると最悪の場合、抜歯治療になる事もあるので予防・対策をして歯の健康を守っていきましょう!

犬の虫歯はどんな症状?

人間と同じく虫歯になると歯に穴が空いたり、歯が欠けたりしていきます。虫歯が進行すると細菌が神経まで行き届いて痛みを伴い、食欲が低下したり、口臭も強くなっていきます。

定期的に愛犬の歯を見て虫歯ができていないかチェックをしましょう。判断が難しい、出来ない場合は定期的に病院へ行って虫歯チェックをしてもらいましょう。

犬の虫歯ができる原因

食べかすなどが歯に付着していると細菌が繁殖して有機酸といった物質を作ります。これが歯の表面にあるエナメル質を溶かしていき、深部に進むことで歯に穴を空けたり、欠けたりする原因となります。

虫歯を放って置くと歯髄と言われる歯の内部の柔らかい組織で血管や神経が通っている場所をおかしていきます。ここまで進行すると痛みを伴っていきます。人間も虫歯が進行すると頭痛や神経の痛みがあると思います。あれと同じ状態だと考えましょう。

犬の虫歯の治療方法は?

犬の虫歯治療はまず有機酸が進行した部分まで削り取り、削った部分は埋めて修復を行っていきます。人間の虫歯治療と同じですね。

進行が酷く歯髄まで到達している場合は最悪、抜歯治療となっていきます。

犬の虫歯の予防方法

歯周病予防と同じく歯や歯茎に食べかすを残さない事が一番重要。食べかすは歯に付着すると歯垢や歯石となります。これらは細菌の固まりです。食べかすや歯垢、歯石を予防する為に習慣化した歯磨きや歯肉マッサージを行うようにしましょう。

しっかり歯磨きが出来ているか…虫歯はないか…など判断が難しい場合は定期的に獣医師にチェックを受ける事も大切です。

歯磨きやマッサージを嫌がる、させてくれない犬の場合は根気よく出来るように躾をしていき、その間は犬用歯磨き粉、サプリメントなどお口と歯の健康を考えたグッズを利用して予防・対策をしていきましょう。