犬の歯と口腔のトラブル

【犬の歯根膿瘍】症状や原因、治療や予防方法

犬の歯根膿瘍

歯根膿瘍とは歯の根本に細菌が感染して膿がたまる病気。根尖膿瘍とも言われます。歯根膿瘍にかかると歯の痛みや違和感が生じて、食欲が低下、歯磨きを嫌がるようになる、おもちゃで遊ばなくなるなどの症状が現れるケースもあります。

犬の歯根膿瘍はどんな症状?

歯根膿瘍は見た目にわかりにくいとされていますが、犬にとっては激しく痛みがある為、食欲が低下または失う。歯が痛いため、固い食事だと噛まなくなるケースがあります。

歯根膿瘍が進行すると熱が出て、元気自体がなくなっていきます。また鼻から血が出たり、膿やくしゃみが出るケースも存在します。他にも歯根膿瘍の進行は口臭をキツくしたり、よだれが止まらないケースなどもあります。

犬の歯根膿瘍ができる原因

歯根膿瘍は歯髄と言われる血管や神経が通った柔らかい組織に細菌が感染して起こります。原因となるのは虫歯や歯周病、その他歯の病気や歯が折れたりする事で歯髄に細菌が感染、膿んでいきます。

上の歯の歯根に病巣ができると目の下あたりに膿が出来て腫れ、膿が破裂すると出血を起こすケースもあります。

犬の歯根膿瘍の治療方法は?

歯根膿瘍の治療は抜歯、進行が酷い場合は歯髄を切除して充填する治療が行われます。個人で治せるような歯の病気ではないので必ず動物病院や獣医さんの診察を受けましょう。

犬の歯根膿瘍の予防方法

歯が折れて、そこから細菌が感染するケースを防ぐ為にハサミで切れないような硬い食事や物を与えない事が予防策の一つとしてあります。

また虫歯や歯周病などか派生して歯根膿瘍にかかるケースもありますので、日頃からデンタルケアを欠かさない事が大切です。

人間でもそうですが、歯の健康を脅かす存在は食事の際の食べかすが歯と歯の隙間、歯と歯茎の隙間に入り込んで歯垢や歯石となる事です。これらは細菌の固まりであり、少しずつ歯に細菌を感染していきます。

犬の場合、食後から24時間以内に食べかすが歯垢となり、3日〜5日で歯石になると言われています。食後は習慣的に歯磨きやマッサージを心がけましょう。歯磨きを嫌がる愛犬の場合は、食事と一緒に食べさせるだけ…またはジェルやペーストを舐めさせるだけといった犬用歯磨き粉、デンタルケアグッズを用いてい歯とお口の健康を守るようにしましょう。