犬の歯と口腔のトラブル

【犬の歯周病】症状や原因、治療や予防方法

犬の歯周病

歯周病は歯周と呼ばれる歯茎、歯槽骨など歯の周囲組織を炎症させていきます。多くの犬種で歯周病はかかりやすいと言われており、ほとんどの犬が生涯で一度は歯周病にかかると言われています。

犬の歯周病の症状はどんな感じ?

歯周病にかかった犬の初期症状としては歯茎の腫れ、歯茎が赤黒くなっていきます。症状が進行していく事で歯の根本に膿がたまるようになり、次第に犬の口臭もキツくなっていきます。

歯周病が進行すると歯の周りから出血したり、膿が酷くなると歯がぐらついて抜けやすい状態になってしまいます。炎症が鼻まで広がるとくしゃみ、鼻水が出やすくなる症状も現れます。

炎症に伴い歯がぐらついたり、痛みがあるとご飯を食べる時間もかかり、食欲が低下するケースも存在します。

犬の歯周病ができる原因

歯周病の原因は歯の根本に細菌が繁殖して炎症を起こしていくこと。多くのケースで見られるのが食事の食べかすが歯の隙間に入り込み、歯垢となり炎症を引き起こしやすくなります。また歯垢は数日経つと石灰化された歯石へと変化していきます。

歯垢や歯石は細菌の温床であり、歯と歯茎の間に付着すると歯茎が腫れ、その部分の溝が深まり、俗にいう『歯周ポケット』ができてしまいます。

この歯周ポケットの溝が深くなっていくと歯の歯茎の奥まで歯垢や歯石が入り込んでいき、膿がたまったり、歯がぐらつきだしていきます。

愛犬の歯周病を防ぐにはこの歯垢や歯石を歯に歯茎の間に付着させない事が大切。人間と同じく習慣化した歯磨きなどで予防、対策する事がとても大切です。

犬の歯周病の治療方法は?

歯周病の治療は歯と歯茎に付着している歯垢、歯石を除去する事から。歯周ポケットができていれば、膿を掃除したり、歯周ポケットに入り込んだ歯垢なども掃除していきます。

歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去した後、抗生物質などを幹部に塗布、服薬して細菌の繁殖を抑えていく事になります。

犬の歯周病の予防方法

人間と同じく普段から歯ブラシやガーゼを利用して歯と歯茎を掃除していく事が予防となります。歯だけでなく歯茎もマッサージする事で血行がよくなって歯周病予防になると言われています。

また多くは食事の食べかすが歯の隙間に挟まって細菌が繁殖。歯垢や歯石へと変化していくので、歯の隙間にたまりやすいウェットフードではなくドライフードを利用する事も歯周病対策に良いと言われています。

犬は歯磨きやマッサージを嫌がる事も多いので、できれば子犬時代から慣れさせて躾させておくのが最良。どうしても歯磨きをさせてくれない場合は根気よく躾をしていき、歯磨きが出来るようになるまではお口と歯の健康を考えた犬用の歯磨き粉やサプリメントなどで予防・対策をすることも一つの手段となります。