犬の歯と口腔のトラブル

【犬の舌炎】症状や原因、治療や予防方法

舌炎とは舌に赤や白いできものがあらわれる病気。舌炎も様々な原因が考えられ、よだれや口臭、食欲の低下などが愛犬に見られていきます。

犬の舌炎はどんな症状?

舌炎にかかると舌に赤い炎症や白いただれの症状があらわれます。犬にとっては痛み、違和感がある為、食欲が低下したり、食べ方に変化が出たり、口の周りを足で引っ掻くなどの症状が見られるケースもあります。

その他、よだれを大量に出す。口臭がキツくなるといった症状も見られます。

犬の舌炎ができる原因

歯垢や歯石に蔓延する細菌が舌に接触していると炎症を起こして舌炎を引き起こす可能性があると言われています。その他にもアクシデントによって舌を噛んでしまい怪我から舌炎に発展するケースもあります。

また歯の病気から細菌や炎症が舌に広がって舌炎となる場合もあります。

糖尿病や腎臓病等の全身性疾患の症状の一つとして舌炎が生じる事もあると言われています。舌炎が出来た原因を特定して適切な処置をしていくように心がけましょう。

犬の舌炎の治療方法は?

舌炎の原因が歯垢や歯石によるものであれば歯垢や歯石の除去。全身性の疾患から来る場合は病気に対する治療を行っていきます。

一般的な舌炎を治療する場合は口腔内を消毒、専用の抗炎症薬を塗布して治療をしていきます。原因などによってはビタミン剤で舌炎の治療を行うケースもあります。

犬の舌炎の予防方法

舌炎を引き起こす症状は様々ありますが、基本は日頃のデンタルケアがとても大切。歯垢や歯石を付着させない為に毎日の歯磨きやブラッシングを心がけるようにしましょう。

もし歯磨きやブラッシングを嫌がるワンちゃんの場合でしたら、犬用のデンタルケアサプリ(歯磨き粉)などを利用して口腔内の清潔を維持できるようにしていきましょう。

その仮定で根気よく歯ブラシやブラッシングも躾していき、習慣化させていく事が歯とお口の健康に繋がっていきます。

また全身性疾患から来る場合もある為、定期的に動物病院で健康診断を受けて早期発見、早期治療をする事が愛犬の負担軽減にも繋がっていきます。